1. ホーム
  2. FACOを探す
  3. 穴田 喜代嗣
2015/2/9更新
穴田喜代嗣 穴田 喜代嗣(あなだ きよじ)
出身地: 山口県周防大島町
所属: アナダマネジメントセンター
役職: 代表(中小企業診断士)
職業区分: 民間コンサルタント・シンクタンク
〒662-0822 兵庫県西宮市
E-mail: anada*sannet.ne.jp
※メールアドレスの@は*に置き換えて表示しています
専門分野
[ □印は最も得意とする分野 ]
□農業者と食品産業のマッチング
□マーケティング戦略
■事業推進マネジメントの方法
■地域活性化戦略
■地域資源の利活用(未利用、観光資源等)
■新商品開発の方法
■地域ブランド戦略
■消費者とのコミュニケーション
■一般企業の農業への進出支援
■販路の開拓
■通信販売、WEBマーケティング
対応可能な
コーディネート業務
1.農商工連携事業の事業計画策定
2.新商品の開発計画、事業計画
3.マーケティング計画
4.販路の開拓支援
5.WEBマーケティング
食農連携推進に向けた
活動実績
(事業、業務等、実施期間、概要)
1.農商工連携事業認定申請 2010年3月
 但馬牛の地産農家2軒、洋食レストランとのマッチング
2.農商工連携事業認定申請 2009年7月
 醤油製造業と有機野菜栽培農家との連携、有機ノンオイルドレッシング等の製造販売
3.農商工連携事業認定申請 2009年7月
 清酒製造業と営農組合との連携、神力米を使用した糖類無添加梅酒と純米大吟醸酒の開発販売
4.地域資源活用プログラム認定 2009年7月
 神戸市地域資源活用による国産初のゼリーの開発販売
5.農商工連携事業・地域資源活用認定申請 2008年12月
 黒大豆・大納言小豆・桃・ブルーベリーを使った低アルコールリカーの開発販売
食農連携等に
関連した講演等の実績
(演題、場所、実施時期等)
1.農商工連携&地域資源活用セミナー 小野商工会議所 2009年2月
2.仲卸売業における販路開拓セミナー 尼崎市中央卸売市場 2009年2月
3.経営指導員経営支援アドバイザー養成研修 中小企業大学校関西校 2009年4月
4.農商工連携&地域資源活用セミナー 加古川商工会議所 2009年7月
5.農商工連携&地域資源活用セミナー 丹波市商工会 2009年7月
6.経営革新塾(5回シリーズ) 姫路商工会議所 2009年7月
食農連携推進に係る
委員等の実績
1.兵庫県商工会連合会 統括応援コーディネーター 2008年度〜現在
2.ひょうご産業活性化センター 地域資源・農商工連携担当応援コーディネーター 2006年度〜現在
3.中小企業基盤整備機構 経営支援 アドバイザー 2003年度〜現在
4.中小企業診断協会兵庫県支部 副支部長・理事 2004年度〜現在
5.大阪府成長性評価委員会 委員 2006年度〜2007年度
主な著書・執筆物
・メディア出演等
1.中小企業診断協会近畿ブロック経営革新事例発表会(最優秀賞・近畿経済産業局長賞受賞) 2004年9月
2.「経済戦略」(中小企業の海外戦略について) 2005年2月号
3.「経済戦略」(地域資源活用、農商工連携について) 2009年1月号
4.「診断ひょうご」(地域資源活用、農商工連携の法的要件) 2009年7月号
5.「経済戦略」(農商工連携の進め方) 2010年6月号
食農連携や地域活性化に
対する想い(メッセージ)
 得意分野は、経営計画、経営革新、経営戦略、マーケティング、創業、ビジネスプラン、地域資源活用、農商工連携、新連携などです。各地の商工会議所主催の創業塾・経営革新塾等の講師をおこなっています。また最近では成長分野である農業のニュービジネスについて、各地のセミナーで講演を行っています。
 平成20年度から始まった農商工連携は、兵庫県においては13件の新規認定事業があり、平成21年度までに9件の認定実績の獲得ができ、今年度の重点目標として活動しています。農林水産業、商業、工業等の産業間のコーディネート活動、連携強化により推進している。兵庫県はお蔭様で、近畿管内ではトップの成績をあげています。
 地域資源活用プログラムは兵庫県基本構想の地域資源に基づいて、地域資源活用の案件について、ヒアリングシート、認定申請書の作成指導を実施しています。兵庫県の平成19年度は7件、平成20年度は10件の認定を達成し、平成21年度も引き続き認定(既認定15件)に向けて活動しています。農業団体・商工会議所・商工会を通じての発掘が中心になり、鉱工業品の生産の技術に集中するため、農林水産品や観光資源による新事業活動を目指します。