1. ホーム
  2. 食品のトレーサビリティ
  3. メールニュース
  4. メールニュースバックナンバー No.37(2009年8月10日発行)
trace_teamlogo

「食品のトレーサビリティ」メールニュース   No.37(2009年8月10日発行)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 食品需給研究センター「食品のトレーサビリティ」メールニュース
                         2009/8/10発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

残暑お見舞い申し上げます。
東京は台風や集中豪雨の影響で、スッキリしない天気の毎日が続いております。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

食品需給研究センターの深澤です。
さて、東京大学主催「食品トレーサビリティ公開講座」についてご案内いたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■東京大学主催「食品トレーサビリティ公開講座」のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
食品トレーサビリティ公開講座(2009年度東京会場)が開催されます。

「食品トレーサビリティ公開講座(2009年度東京会場)
−食品トレーサビリティの原理とucodeを使った実践−」

 日付:2009年10月6日(火)午前10時〜10月7日(水)午後4時30分(予定)
 場所:東京大学本郷キャンパス 工学部2号館9階92 B教室
 
以下のページで、開催要領が公開され、申し込みの受付がはじまりました
ので、ご案内申し上げます。
http://www.t-engine.org:80/japanese/food_tr2009.html

本講座は、7月23日〜25日に京都大学で開催された「食品トレーサビリティ
講習会」の基本カリキュラムをもとに実施しますが、カリキュラムの構成は
少し異なります。

今回は、初めてucodeによるユビキタス技術を用いたトレーサビリティの情報
システムによる実習を行います。これによって、食品トレーサビリティの仕組
みをつくる能力とともに、更に情報システムを立案できる能力と知識が獲得
できます。

食品需給研究センターは、この講習会の後援に名を連ねるともに、酒井が
1日目の講義のお手伝いをさせていただきます。なお、1日目の講義のみの
受講も可能です。

申込期間は、10月1日(木)まで(定員になり次第締切)ですので、お早めに
お申し込みください。

皆さまのご参加をお待ちしております。
**********************************************
深澤 友香 
(社)食品需給研究センター
〒114-0024東京都北区西ヶ原1−26−3
農業技術会館3F
Tel:03-5567-1993/Fax:03-5567-1934
http://www.fmric.or.jp/
**********************************************
      

「メールニュース」へもどる

一般社団法人食品需給研究センター    Food Marketing Research and Information Center

〒114-0024 東京都北区西ヶ原3-1-12 西ヶ原創美ハイツ2F   TEL:03-5567-1991(代表)  FAX:03-5567-1960