1. ホーム
  2. 食品のトレーサビリティ
  3. メールニュース
  4. メールニュースバックナンバー No.45(2009年12月7日発行)
trace_teamlogo

「食品のトレーサビリティ」メールニュース   No.45(2009年12月7日発行)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
食品需給研究センター「食品のトレーサビリティ」メールニュース
                           2009/12/7発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

食品需給研究センターの志賀です。
本日は24節季の「大雪」です。東京は晴れていますが、寒いです。
師走に入り、年末業務や忘年会等でお忙しい日々を過ごされているのでしょうか。

さて、今回のメールニュースでは、今月22日に石川県で開催される
「食農連携促進技術モデル地区ワークショップ(石川)『地域ブランド構築に
寄与する品種・産地判別技術と認証制度』」についてご案内いたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「食農連携促進技術モデル地区ワークショップ(石川)」開催のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このイベントは終了しました。

12月22日(火)に石川県で、食農連携促進技術モデル地区ワークショップ(石川)
『地域ブランド構築に寄与する品種・産地判別技術と認証制度』を開催いたします。


 (社)食品需給研究センターでは、食農連携促進技術対策事業の一環として
「食農連携促進技術モデル地域における連携支援プログラム」を実施しています。

石川県における展開としては、昨年度『石川県地域連携推進戦略構想書』を作成し、
今年度は、「いしかわ食農連携ワーキング」の協力のもと、構想書に記載された
トピックを踏まえワークショップを開催いたします。

ワークショップでは「生産」「品種・産地判別」「地域行政」の三つの視点から
事例報告及び関係者間の意見交換を行い、地域ブランドの形成と発展のために
課題をまとめ、今後の展望を考えていきます。

師走のお忙しい時期ではありますが、多くの皆さまのご来場をお待ちしております。


【開催概要】
■食農連携促進技術モデル地区ワークショップ(石川)
 『地域ブランド構築に寄与する品種・産地判別技術と認証制度』
  
http://www.fmric.or.jp/foodcluster/main/kanren/event/index.html#ishikawa2009

■ご案内チラシ[pdf:283KB]
  
http://www.fmric.or.jp/foodcluster/main/kanren/event/ishikawa-ws_091222.pdf

○日時 : 2009年12月22日(火) 9:30〜17:30
○場所 : 石川県地場産業振興センター 新館コンベンションホール
     石川県金沢市 鞍月2丁目1番地
     http://www.ishijiba.or.jp/access/index.htm
○参加費 : 無料
○主催:(社)食品需給研究センター、いしかわ食農連携ワーキング
○後援:農林水産省北陸農政局、石川県、金沢市、(財)石川県産業創出支援機構
○お問い合わせ:社団法人食品需給研究センター
        担当:志賀(しが)、長谷川(はせがわ)
        TEL:03(5567)1991  FAX:03(5567)1960  E-Mail:091222@fmric.or.jp

--------------------------------------------------
 志賀 麻理子(調査研究部) 
   社団法人 食品需給研究センター
   〒114-0024 東京都北区西ヶ原1-26-3 農業技術会館 
   Tel 03-5567-1993/Fax 03-5567-1934
  
   URL:http://www.fmric.or.jp/
---------------------------------------------------
      

「メールニュース」へもどる

一般社団法人食品需給研究センター    Food Marketing Research and Information Center

〒114-0024 東京都北区西ヶ原3-1-12 西ヶ原創美ハイツ2F   TEL:03-5567-1991(代表)  FAX:03-5567-1960