1. ホーム
  2. 食品のトレーサビリティ
  3. メールニュース
  4. メールニュースバックナンバー No.67(2014年3月31日発行)
trace_teamlogo

「食品のトレーサビリティ」メールニュース   No.67(2014年3月31日発行)

食品需給研究センター「食品のトレーサビリティ」メールニュース
  2014/03/31発行

食品需給研究センターの酒井です。
3月が年度末の方にとっては、本日が一区切りですね。
本日のメールニュースでは、平成25年度の農林水産省委託事業
の成果物の公開について、ご案内します。


■食品トレーサビリティ「実践的なマニュアル」の公開
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

農林水産省「平成25年度食品トレーサビリティ促進委託事業」によって
作成された「実践的なマニュアル」が農林水産省から公開されました。

  農林水産省プレスリリース:
  http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/hyoji/140320.html
  掲載されているwebサイト
  http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/trace/index.html#4

食品需給研究センターは、事業主体となった三菱総合研究所から、
一部の業務を受託する形で、関わらせていただきました。

これまでの手引き・ガイドライン等よりも、「各段にわかりやすくなった」と
ご評価をいただいています。
中小事業者をはじめ、さまざまな食品を扱う現場で、トレーサビリティ
の取組みに役立てていただければ幸いです。

農林水産省の委託事業の成果品ですので、農林水産省から
公開され、内容についての問い合わせも一次的には農林水産省が
受ける形となります。とはいえ、作成に関わった者として、このマニュ
アルの活用や展開を、何らかの形で継続して支えていきたいと思って
います。

検討くださった委員の皆様、取組事例の取材にご協力くださった全国の
事業者の皆様、そして1月から2月の「意見交換会」に足を運んで
ご意見をくださった皆様。ご協力、本当にありがとうございました。


■異動、引き継ぎ等のご連絡のお願い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
トレーサビリティに関わるご担当者が交代する場合には、ぜひご後任の方に
このメールニュースをお届けしたく存じます。ぜひ、ご後任の方のメール
アドレスを、下記のアドレスまでお知らせください。

  メールニュース発行担当  trace@fmric.or.jp

来年度もどうぞよろしくお願いします。

-----------------------------------------------------------
酒井 純    
一般社団法人 食品需給研究センター http://www.fmric.or.jp/
Tel:03-5567-1991 Fax:03-5567-1960
114-0024東京都北区西ヶ原3-1-12 西ヶ原創美ハイツ2階
-----------------------------------------------------------

「メールニュース」へもどる

一般社団法人食品需給研究センター    Food Marketing Research and Information Center

〒114-0024 東京都北区西ヶ原3-1-12 西ヶ原創美ハイツ2F   TEL:03-5567-1991(代表)  FAX:03-5567-1960