1. ホーム
  2. Foodcluster

新着情報



注目のコンテンツ

食品需給研究センターでは、テーマに即した活動として下記の事業を実施しています。

三重食材等の魅力の認知向上と魅力再発見

大都市圏のバイヤーやシェフ等に対して、三重食材等の魅力の認知度を向上させるともに、さまざまな角度から専門的な評価を行い、事業者によるブラッシュアップを呼び起こすきっかけとするための、産品や商品のアイデア提案とブラッシュアップを推進するための試食提案会を実施しました。


三重の食・魅力の情報発信力向上

国内やミラノ万博など海外の展示会への出展する三重県内の食関連業務者に対し、効果的な情報発信方法等について専門的な支援を行いうことで、三重県内の食関連業務者における情報発信等の質の向上を図りました。その内容について、取組をモデルケースとして広く周知するため、レポートにまとめ掲載しました。


地域の若者の雇用創出に向けて

北海道定住意識を持つ若者の町外流出を防ぐため、地域の大人たちが集まり、魅力ある若者の雇用機会(事業モデル)の創造について検討を行いました。(一社)食品需給研究センターは検討会議と連携し検討のまとめをお手伝いしました。


フードアルチザン応援プロジェクト

イオンリテール(株)エリア政策推進との連携体制を構築し、これまで(一社)食品需給研究センターが進めてきた各種事業のノウハウをもって『フードアルチザン(食の匠)』活動を応援することで、「食と農をとおした地域活性化」の具現化に向けた取組を推進していきます。


facobank

食品製造業者と農林漁業者を結び、地域戦略的な展開のもと様々な課題解決をサポートする「食農連携コーディネーター(FACO)」の人材データベース


食品機能性研究者・研究機関データベース、食品製造加工技術基盤データベース、地域素材データベースで構成されており、地域の食品開発を支援するため、食品の高付加価値化に必要な技術的情報をインターネットを通じて提供


連携する機関・組織の注目情報

食品需給研究センターが連携して実施している事業・組織の紹介をしています。

食Pro.

国家戦略・プロフェッショナル検定の1つで、生産(1次産業)、加工(2次産業)、流通・販売・サービス(3次産業)の一体化や連携により、食分野で新たなビジネス創出を担う人材の育成、職能レベルの認定を行っています。


関係機関等が実施している現在進行形事業や、連携する機関・組織の紹介をしています。


戦略を考える

活動推進のための参考資料集

地域等で連携を進めるためのマニュアルです。

戦略を考える

他機関との連携

人を探す

食を通じた地域活性化、地域連携を進める上で、必要なパートナーやアドバイザーを探すための人材データベースを掲載しています。

=Pick up=

食品製造業者と農林漁業者を結び、地域戦略的な展開のもと様々な課題解決をサポートする「食農連携コーディネーター(FACO)」の人材データベースです。


食品機能性研究者・研究機関データベース、食品製造加工技術基盤データベース、地域素材データベースで構成されており、地域の食品開発を支援するため、食品の高付加価値化に必要な技術的情報を提供しています。

人を育てる

人材育成研修の実績

人材育成研修

2010〜2011年度にかけて、全国9地域と東京で連続開催の人材育成研修を実施しました。研修内容や講義資料を掲載しています。

人材育成研修教材

現地コーディネーターや現地担当者の様々な場面におけるサポートを目的に、コーディネート業務に必要なノウハウに合わせたコーディネーターの育成教材を提供しています。

普及指導員等民間企業等派遣研修プロジェクト

6次産業化や食農連携等を現地で推進・指導を行う普及指導員や若手担当者を対象に、食農等の分野もしくは食農をテーマに先進的な事業活動等を展開される事業者等に派遣し実地研修を行うプロジェクトを展開しました。

もの・ことを推進する

「食と農をとおした地域活性化」の
     実現に向けたビジネス支援活動

地域、食、農の発展の土台や受け皿となる直近の民間ビジネスとの連携を図り、当センターが有するスキルやノウハウをもって支援や応援を行うことで、「食と農をとおした地域活性化」の具現化を進めて行きます。

浦幌町
フードアルチザン

各地域の参考となる事例

地域レベルで実施されている食料産業クラスターや農商工等連携、6次産業化についての取組みや地域の人的連携等の概要について、弊センターの研究員がrupoとしてまとめたものを掲載しています。

もの・ことを推進する

資金を確保する

施策関連情報・事業の公募等

Food clusterとは・・・(私たちの考え)

Michael Eugene Porterが提唱した産業クラスターは、平成17年から農林水産省により施策化された「食料産業クラスター」により、地域を基盤とした、我が国の食と農の連携に深く寄与した活動に昇華されています。奇しくも、私たちの食を取巻く状況は、多様化するニーズや課題に対し、既存のフードチェーンとは異なる新たなビジネスモデルを生み出し、食料産業クラスターはもとより、農商工連携、6次産業化へと進展しています。

これらの根源となるものは将に、農や食による地域の活性化の理念であり、それを推進するキーワードは、「人」、「もの・こと」、「カネ」さらに「戦略」です。

  農や食をとおした地域活性化と新たな連携ビジネスモデル、それに寄与する人、もの・こと、金、戦略

お気軽にご相談ください。

食をとおした地域活性化に向け、さまざまな実績を有する社団法人食品需給研究センターがご相談を承ります。

  • 地域戦略を構築したい!
  • 事業企画を検討したい!
  • 有識者や実務者を知りたい・繋がりたい!
  • 人材研修を実施したい!
  • 商品開発や販路開拓を行いたい!
  • 商品のストーリー作りや商品磨きに協力して欲しい!など…

ご要望にお応えする解決策をご提案させていただきます。

  詳しくは 「ご相談承ります」ページへ

↑ページトップに戻る

     このサイトの成り立ちについて

  一般社団法人食品需給研究センター    Food Marketing Research and Information Center

〒114-0024 東京都北区西ヶ原3-1-12 西ヶ原創美ハイツ2F   TEL:03-5567-1991(代表)  FAX:03-5567-1960